​パソコンを使わないプログラミングプレ講座

​(スマホまたはタブレットを使用します)

​小学生も使用するブロックタイプのプログラミング

​プログラミング プレ講座

専門的な知識と思考が必要というイメージがあり、未経験者にとって気にはなるものの敬遠しがちなプログラミングですが、超理系音痴でプログラミング学習を避けていた理事長も「これなら重い腰があげられそう」と思えるような、視点を未経験者目線にぐっと下げ構築した講座です。

当協会の「事例から学ぶプログラミング講座」や他社の講座の受講前に、未知の不安を取り除き、安心して受講していただくための「準備」を目的としています。

なお、当協会の「事例から学ぶプログラング講座」の受講を希望される方で、全くの未経験の方は、こちらの参加をおすすめします。

 

◆内 容

「BBC micro:bit」マイコンボードは、英BBCと英マイクロビット財団による教育向けマイコンボードです。2016年に英国の11歳と12歳の子どもたちに配布されSTEM教育に活用されています。

 

小学生のプログラミング教育が2020年に始まります。そしてその約10年後にはプログラミングの知識を持った新入社員が入社してきます。

そんな新入社員に「仕事ができない上司だな」と思われないために、今から少しずつプログラミングを学びませんか?

 

この講座は、2020年の小学生と同じスタートラインに立てるよう、専門用語やプログラム構築の考え方に触れてみるプログラミングのプレ講座です。

PCを使わずBBC micro:bit(マイクロビット)という小さなコンピュータとスマホ(またはタブレット)を使って、ちょっとしたイベント感覚で、手軽にプログラミングを体験していただきます。

講師の青山光春先生

先が読める人は始めています

​性別問わず参加OKです

・第1部 『お菓子泥棒発見器』

求める結果

プログラミングを体験してみる

考え方や専門用語に触れてみる

 

 対象者 

  全くの未経験者

  経験はあるけど自信がないという方

  プログラミングに興味のある方

~体験の流れ~​
1. プログラムってなんだろう(スライドによる解説)
2. 文字を表示する
3. LEDランプを5回点滅させてみる
4. もしも○○なら…
5. いろいろなセンサーを使ってみる
6. 音を出してみる
7. まとめ

・​第2部 『瞬間視力測定器(ゲーム)』

求める結果

ちょっと複雑だけどプログラミングで避けて通れないことに慣れておく

「変数」などの仕組みを理解する

 

 対象者

  第1部 受講済みの方

 

~体験の流れ~

1.前回の復習 

2.変数の使い方

3.LEDランプを上から下に流す

4.ランダムな数を作る

5.25個のLEDを全て順番に点灯させる

6.Aボタンを押した回数を数える

7. まとめ

◆参加費:各部3,000円

◆開催日:こちらのページにてご確認ください

◆開催場所:南青山群馬県玉村町または新町

◆時 間:各部約2時間半~3時間(多少前後します)

◆持ち物:スマートフォンまたはタブレット

(両方お持ちの方はタブレットがおすすめです)

◆その他:

・内容は変更となる場合があります。

・マイクロビットはお貸しいたします。

・使用したマイクロビットが欲しい方は3000円でお持ち帰りいただけます。

​・今回の講座は事務業務に直結するものではなく、今後あらゆる言語のプログラミングを学んでいく上で必要となる 用語や考え方等基本事項に慣れていただくこと目的としております。

・コード入力版ではExcel VBAを使用し、事務系に必要とされるプログラミングスキルを学んでいただきます。

​・本講座を受講したからといって、コード入力版を受けなければならないということはありません。

日本セクレール®教育協会

ご連絡はこちらからどうぞ

◆講座運営準備室

Address​​​​​​: 東京都港区南青山2-4-15天翔南青山オフィス208

◆管理事務局​
Address​​​​​​: 群馬県佐波郡玉村町上之手2110-6(郵送・アポイントはこちらへお願いします)

◆事務局対応

月~金(祝祭日を除く)10:30~17:00

特定商取引法に基づく表示

  • グレース
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン

© 2019 by Japan educational society for Secrell